マイホームを購入することにした理由

マイホームを購入することに決めた理由は、周りの人からのアドバイスが理由でした。
もともと住居にはこだわりが無かった私たちでしたから、安全に住むことができさえすればどこでも良かったのです。
でも、既に若くはなかった二人。


これから引越す可能性も特にありませんでしたから、思い切って終の棲家を考えた方が良いのではと思ったのです。
引っ越す日まであまり日にちが無く、急いでなにもかもが進められていきました。
本当に、住宅メーカーの方にはお世話になりました。

引越してきた日のことは、今でも忘れられません。
主人が一人で真新しい6畳の小さな和室で待っていました。
まだカーテンも無い状態でしたので、中が丸見え。
主人は、トラックに乗ってきた私を見つけてニコニコしていました。

シミも傷も一つもない我が家。
空気も澄んでいて、正に「スタート!」を思わせるものでした。
今は、あちこちに傷やシミがいっぱい。
壁には、子供の落書きの跡も見られます。

床には何かを無理やり引きずった跡もたくさんありますし、ダイナミックに掃除機を振りまわして掃除したおかげで、壁紙がはがれてしまったところもあります。
あの頃とはかなり違う今の状態。
でも、我が家らしい記録です。

定年したら移住する予定なのですが、それまではここで日々を丁寧に噛みしめて暮らして行きたいと思っています。
マイホームは、どんなに小さくても古くても不便であっても、やっぱり良いものだと思います。
まるで一冊の大きなアルバムのよう。
家の中には、あの時やこの時の色んな思い出がしっかりと刻まれれているのです。

«
»