時々道に迷う

私は自慢じゃないですが、かなりの方向音痴です。
見知らぬ土地ではもちろん、身近な土地でも時々道に迷う時があります。
そのため会社への通勤路などは、慣れない道を使って遅刻してしまったり、帰れなくなってしまったりする事を恐れ、滅多な事がないと変えません。

しかしつい先日、私の住む地域でも朝から大雪が降った日があり、帰りの事を心配し、お昼で早退をさせてもらえた時がありました。
そこで私は、折角時間に余裕があるのだから、今まで気になっていた他の道を使って帰ってみようと思いました。
また少し前にナビの付いた車にも乗りかえているし大丈夫だろうと思ったのです。
初めて通る道はとても狭く、対向車とギリギリすれ違う事が出来るほどの幅しかありませんでした。
しかし交通量は少ないので、そこまで不便だ、大変だとは感じませんでした。
また分かれ道が多く、ナビで確認をしながら、自宅へと続く道を探しました。
その日以降も帰りはその道を通り、一番便利な道順を見つけることが出来ました。
そしてその結果、今まで使っていた道より、5~10分ほど時間を短縮することが出来るようになりました。
帰ってから家事をしなければいけない私にとって、そのわずかな時間がとても嬉しいです。
まだ朝の通勤時は、新しい通勤路を試せていませんが、おそらく今よりももっと早くたどり着ける道があると思います。
今度の休日にでも、ドライブがてら散策をし、より良い通勤路を見つけたいと考えています。

長老のダックスフンド

夫婦二人で引っ越したばかりのご近所を散策中に夫がペットショップで一目ぼれしました。最初は反対していた私も再度一緒に見に行くことになり、可愛さのあまり許してしまい、うちに来ることになりました。

うちの家族は転勤が多く、もちろんですがワンコも一緒に転勤し住む場所が変わることもしばしばあります。
今住んでいる所に引っ越して来て、私とワンコで初めての散歩に出かけることになりました。
実は私はひどい方向音痴で、普段よく道に迷っています。
普段はスマホを持ち歩いているのですが、引越しでバタバタしていたせいかその日はスマホを家に忘れて散歩に出てしまいました。
春の良い天気にワンコも私も軽快に歩いて、ご近所の住宅街や商店街を散策して、そろそろ帰ろうかなと思って家に向かって歩いていたつもりだったんです。
気が付くと、ワンコの様子が何かおかしくて、立ち止まったたりいつもより引っ張ったりしていました。
調子でも悪いのかと思ったのですが、上目使いににらんでいるような…。
どうやら、家とは違う方向に歩いていたようで、それに気付いた私はワンコに引っ張られるまま進んで行きました。
さすがというべきか、しっかり引っ越したばかりの新居に帰り着きました。
あのまま私の思うままに進んでいたらきっと今頃家に帰れずに迷っていたと思います。
10歳を超えるうちのワンコは人間の言葉は話せないですが、自分の噂話をされているのは分かるようで、帰ってこのことを家族に話していると、ちょっと誇らしげにしているように見えました。

«
»