インターネット上の詐欺

今、ネットバンキングにおける詐欺が横行しているようだ。
知らない間に自分の口座から引き落とされていたりするらしい。
各金融機関からも、ネットバンキング詐欺に対する注意喚起の連絡が入る。

便利な時代をつくってくれるIT系の技術者がいれば、それに対抗する犯罪も巧緻になって困る。
特に最近は、色々な詐欺まがいのものがネット上で本当に多く見られる。
職場のメールボックスでさえ、日を越すととんでもない量の迷惑メールが入っている。
大抵はあからさまに胡散臭いものなのだが、ごくごくまれに、はて、と思うものがまぎれている。
先日、差出人が知人のメールが届いた。
何だか緊迫した様子で、海外に仕事で行ったのだけれど、現地でパスポートやお金すべてをすられて立ち往生している。
とりあえずまだ滞在しているホテルにいるのだが、宿泊費が払えず困っている。
申し訳ないのだけれど、送金してもらえないだろうか。
その締めの文句がまた良い。
海外で心細く、どうしていいかわからない私の気持ちを察してください。
これを読んだとき、若干の胡散臭さを感じたものの、知人の名前だし、本当にこんな状況だったらなんてかわいそうなのだろう。
そう思って、大丈夫なの?というようなことを聞こうとしたが、ふと気がついた。
全文が英語だということに。
ちなみにその知人は日本人だ。
海外にいて、現地のパソコンや携帯では日本語が打てないということは聞いたことがあるが、それならば日本人が日本人に宛ててメールする場合、ローマ字で打つだろう。
何故果敢にも英文で送ってきたのだろうか。
そして、控えめな日本人が、「私の気持ちを察してください」なんていう直接的な表現を使うだろうか。
考えるほどに不審が募ったので、もともと知っていた本人のアドレスにメールをして安否確認をした。
すると、なんてことはない、本人は至って元気に、何の問題もなく暮らしていた。
あの時のことは忘れない。
生まれて初めて流行の詐欺にひっかかるところだったのだから。

社会の授業が大嫌いだった

私は社会の授業が大嫌いだった。
こんなこと言ってはいけないと思うけど将来の為になるのかと疑問だった。
けれど社会の先生は面白いから大好きだった。
その先生はサボることも大切と上手なサボり方を教えてくれたり、たまに内緒でお菓子をくれた。

先生のお陰で少しだけ社会が好きになった。
先生は卒業してもご飯を食べに行ったり、私の結婚式に来てくれたりした。
私の大好きな先生。
今でも連絡を取り合ってはいつものメンバーで飲んだりして楽しい時間を過ごしている。

今になって思う。
社会を学ぶ機会があったから、先生と出会えた。
社会は必要な授業だ。

そんな私が今は子育て。

子育ては子供を育てること。
私は子供を育てているけど、子供に育てられてる。
毎日日々成長する子供。
誰に教わったのか私にいろいろ教えてくれる。

私に似て口が達者だから面白い。
たまにイラっとするけどツボにはまってしまう時が多い。
子供は素直で本当に可愛い。
私は昔から子供が大好きで、早く自分の子供が欲しいなと思っていた。

いざ子供が生まれたら可愛くて仕方がない。
いわゆる完全に親ばかである。
これからも私は子供に学ばせてもらい成長していく。
こんな親だけどこれからもよろしくね。

お正月は鏡餅だけでも
お年玉付き年賀ハガキの楽しみ方
1等賞品のうち現金(10万円)は現金書留郵便で送られてくるお年玉くじ。実は賞品点数は2等は30種類以上。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»